メニューボタン

ドコモ奨学金

社会的養護出身者とアジア諸国からの留学生に対する経済的支援事業

Activity Report

GUL MUHAMMAD HAMAD

活動報告:自己紹介と将来の目標

2018Winter

日本の習慣と社会を学び、社会に貢献したい!

名前:ムハンマド・ハマド・グルさん
大学:岐阜大学
国籍:パキスタン

私の名前はハマド、パキスタン出身です。昨年、岐阜大学の修士課程に来ました。私は鎌部・路研究室に所属しています。私はパキスタンで電気通信の学士号を取得しました。学士号を取得した後、通信エンジニアリング会社で私の国で4年間働いていました。

私の夢は、多くのスキルを身につけ社会に貢献することです。私は、私の周りの人々の改善と繁栄に私の役割を果たすことを望んでいます。特に私の国では、自分自身のことでやるべきことがたくさんあり、生活が豊かではありません。この点で、私はパキスタンの強力なコミュニティの発展に参加したいと考えています。このために、私は日本の習慣と社会から多くのことを学びたいと思っています。私はこれが間違いなく私の夢を追いかけるのに役立つと確信しています。

私の目標は、まっすぐで、自分の夢を追いかけることです。私は卒業後、日本の会社で仕事をしようと考えています。そうすることで、私は自分のスキルを磨くことができ、より強くて能力の高い人になることができます。日本社会からは学ぶべきことがたくさんあり、将来の生活の中で私を助けてくれることでしょう。私の目標は、このビジョンと経験の下、日本から多くのことを学び、後で私の国に奉仕することです。

現在位置は
このページのトップへ戻る