メニューボタン

ドコモ奨学金

社会的養護出身者とアジア諸国からの留学生に対する経済的支援事業

Activity Report

CHANG CHAO-LING

活動報告:自己紹介と将来の目標

2018Winter

日本企業から世界へ挑戦

名前:CHANG CHAO-LINGさん
大学:奈良先端科学技術大学院大学
国籍:台湾

台湾からの張櫂菱(チョウジョウリン)と申します。

奈良先端科学技術大学院大学修士一回生に在籍し、情報学研究科の数理情報研究室に所属しています。台湾の国立高雄大学の工業管理学部を卒業して、台湾の靴会社と半導体会社でそれぞれ2年間働いてきました。日本に留学した動機は、半導体会社で働いている時に、MES(製造実行システム)を生産線に導入するプロジェクトに配属され、データ解析に対して興味を持つようになったからです。

日本電装と共同研究で車の運転データにより道路の障害物を検出するという研究を行っています。

台湾にいる時に、自分の夢は日本に留学することでした。そしてこの夢が叶いました。今は留学生として日本にいるおかげで、日本文化だけではなく、他の国々からの留学生たちと、様々な文化にも出会えるようになりました。

その中で、一番好きなのは日本の文化です。卒業した後は日本企業で働き、大学院で勉強した知識を頑張って企業の中で価値を作りたいです。また、自分は日本語と英語、中国語ができるので、日本企業から世界へ挑戦したいです。専門知識を増進する上に、いろいろな文化を学習して、国際的な考え方を持っている人材になりたいです。日本と台湾はもちろん、日本でいろいろな国との交流ができるように、多様性な人になりたいです。

現在位置は
このページのトップへ戻る