メニューボタン

ドコモ奨学金

社会的養護出身者とアジア諸国からの留学生に対する経済的支援事業

Activity Report

アタルサイハン ガントゥグス

活動報告:卒業後の進路と今後の抱負

2019Spring

モンゴルの科学進歩に貢献したい

名前:アタルサイハン ガントゥグス
大学:九州大学
国籍:モンゴル

私の夢は、母国であるモンゴル国で情報学を世界最先端に研究する研究所を作ることです。なぜなら、モンゴル国を発展させるには科学や教育の進歩が欠かせないと思っているからです。現在モンゴル国では、情報学で高度な研究が行われておらず、他の国より遅れています。ですので、研究所を作ってモンゴル国の科学進歩に貢献するのが自分の目標です。
そのためには、自分自身が情報科学によって最先端に立つ研究者である必要があります。この目標を達成するために、修士課程修了後は博士課程に進学し、研究活動を続けるつもりです。博士課程が終わったら日本国内の研究所又は大学で研究員として働くように考えています。日本は技術が進んだ国ですので、高度な研究に関わりたくさんの経験を積みたいと思います。
十分な経験を積み世界トップ研究者になったら帰国するつもりです。まずは、母国の大学で教授になるまで働きます。そして、数年間大学の先生をしましたら、世界と戦えるような研究所を作ります。

現在位置は
このページのトップへ戻る