メニューボタン

ドコモ奨学金

社会的養護出身者とアジア諸国からの留学生に対する経済的支援事業

Activity Report

Chen Pei Hao

活動報告:卒業後の進路と今後の抱負

2019Spring

ITで農業に変革を

名前:Chen Pei Hao
大学:大阪大学
国籍:台湾

私には夢があります。それはIT技術で農業に変革をもたらすことです。私の実家は台湾で農業をしていますが、今の台湾には若者の農業人口が少ないという問題があります。これは農業のノウハウを伝えるのが簡単ではないからだと考えています。そこで管理システムによって農業をデータ化し、制御することで品質をコントロールできるようにします。水、温度、湿度などの情報と品質への影響をデータベース化できれば、これは従来の農業ノウハウを数値化することであり、共有も簡単になります。多くの農家にシステムを利用してもらい膨大なデータが収集できれば、データマイニングでさらなる品質の向上も期待できます。将来これに取り組むために私は大学院修了後後、日本企業で働き、2つの目標を定めています。
1つ目はコミュニケーション能力を高めることです。IT技術で問題解決に取り組んだ経験はありますが、チームでこれに取り組んだ経験があまりありません。しかし、より大きく複雑な問題に取り組むには、違う背景の人の違う視点の意見を取り入れる必要があります。私はそのチームでの問題解決を学び、チームを成功させるコミュニケーション能力を日本の会社で身につけたいと考えています。
2つ目はIT技術の応用力を身につけることです。最先端のIT技術についてはこれまで授業やMooc(Massive Open Online Course)などで学んできましたが、その応用経験はほとんどありません。なので私は日本に就職してIT技術の知識をさらに深め、応用力を身につけたいと考えています。

現在位置は
このページのトップへ戻る