メニューボタン

ドコモ奨学金

社会的養護出身者とアジア諸国からの留学生に対する経済的支援事業

Activity Report

楊 小鳳

活動報告:卒業後の進路と今後の抱負

2019Spring

第一線で働くことが目標です

名前:楊 小鳳
大学:電気通信大学
国籍:中国

私は大学院を修了した後、電子部品の設計開発エンジニアとして、株式会社村田製作所に就職することになりました。私は子供の時、テレビゲームが好きでした。どうしてこんなに小さい箱の中にゲームが入っているのか不思議で、開けてみると、小さい緑の板の上にたくさんの銀色の点が付いていました。きれいで面白いと思いました。私は機械の細かい部品に興味があります。日本は最先端の技術を持ち、多くの魅力的な製品を作ってきましたが、それは多くの精密な部品があってこそ初めて可能になります。私は先進的な技術を学び、日常生活を支え、人に役に立つ、高性能な「ものづくり」が将来、自分でもできるようになりたいと思って、日本に留学しました。
現在、大学院で電子工学を専攻し、電子回路設計知識を学んでいます。そして、大学院を修了したら、学んだ知識を生かして、日本のメーカーに就職し、「ものづくり」に自分もチャレンジしてみたいです。テレビ、パソコン、携帯電話から自動車まで、より便利に、より高性能に進化し続けるためには、電子部品の小型化技術、高密度実装技術が必要不可欠です。そうした電子部品の設計開発の仕事に就いて、第一線で働くことが私の夢であり、目標です。

現在位置は
このページのトップへ戻る