メニューボタン

ドコモ奨学金

社会的養護出身者とアジア諸国からの留学生に対する経済的支援事業

Activity Report

Ganbold Unganbayar

活動報告:卒業後の進路と今後の抱負

2019Spring

将来は研究者を育成する教員になりたい

名前:Ganbold Unganbayar
大学:岩手大学
国籍:モンゴル

JEES・ドコモ留学生奨学金をいただき心より感謝を申し上げます。お陰様で、勉学に打ち込めることができまして、卒業に向け卒業研究に勤しんでいるところであります。
現在、私はデザイン・メディア工学専攻の修士2年生に在籍しております。卒業後は博士課程へ進学し、将来は才能ある若手研究者たちの能力を高めることができるような教員になりたいと考えております。そのため、グローバルに活躍できる高度な研究者の育成を目指すグローバル研究者育成プログラムを履修しております。博士課程では在学中に取り組んだ研究をさらに詳しく進めて、最近急成長している人工知能、機械学習についての研究をしたいと思っているため、修士の必修科目はもちろんのこと、機械学習のベースである遺伝的アルゴリズムの研究をやっております。
将来的には機械学習に基づく技術が様々なアプリケーションに利用されると予想されるため、博士修了後には日本とモンゴルの研究共同で行い様々な成果を得ることで、モンゴルの科学と若手研究者の発展に貢献したいと思っています。

現在位置は
このページのトップへ戻る