メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『NPO法人 ふくい科学学園』様福井県 / 助成金額:500,000円

目録贈呈の様子

活動名

青少年弱者のための科学実験教育モデル事業

概要

科学実験を通じて感動を与えることは、青少年弱者に生きる喜び・勇気を呼び起こすことに繋がります。当団体がこれまで開発してきた科学実験の内容を分析検討し、知的障がい児童、および不登校児童に適した実験カリキュラムを構成します。実際の実験は、当団体の高齢者等ボランティアグループが担当し、他の団体・学校に出向いて出前形式で行い事業の最後に、本活動に関わった全員が参加し、発表会を行い、実験を広く情報発信します。

中間報告
紙パイプでコロの実験

中間報告

201709/21

NPO法人 ふくい科学学園 中間報告(2017年2月5日 現在)

[活動に至る背景]

NPOふくい科学学園は平成21年に設立され、主に小学校高学年を対象に体験型実験教室を定期的に開催してきた。一方、平成24年度には知的障がい児童・生徒をサポートする団体と協働でイベント「体で科学を感じよう!」を実施した。これは、現在特別支援学校や、特別支援学級のカリキュラムに理科実験は重要視されていないこと、また、保護者の気持ちとして、これら児童にも科学実験を体験させたいとの思いがあったためである。 我々は科学実験が、スポーツ、絵画、音楽などと同様に、障がい児童や不登校児童等にとって有効な教育的手段であると推測しているが、これを実証するために、モデル事業を構想し、28年度のNTTドコモ市民活動助成事業に応募した。

[活動状況]

1)平成28年9月21日、不登校児童・生徒の適応支援教室(鯖江チャイルドセンター)において、実験教室「光の実験」を開催した。参加児童・生徒9名。

2)平成28年11月1日、特別支援学校(福井大学教育学部附属)において、実験教室「まさつのない装置で運動の実験」を開催した。参加児童・生徒 34名。

3)平成28年12月20日、不登校児童・生徒の適応指導教室(大野市フレッシュハウス)において、実験教室「「まさつのない装置で運動の実験」を開催した。参加児童・生徒4名。

4)平成29年1月21日、特別支援学校(福井大学教育学部附属)において、一般募集にて、実験教室

「シャボン玉と人工雪実験」を開催した、参加児童・生徒25名。

[成果(アピールポイント含)と反省点]

1)知的障がい児童・生徒や不登校児童・生徒を対象にした科学実験教育に関する研究は、これまでほとんどなされていないが、今回のモデル事業において、その重要性と、あるべき方向を示すことができた。即ち、一般の学校教育における理科教育(科学教育)とは異なる視点で実験テーマの選択がなされるとともに、実施する実験内容と展開方法においてもこれら児童・生徒の個々の能力や障がい特性、および精神面を中心とした心身の状態を十分考慮して行うことが必要であること、またそうすることによって、科学実験はこれらの子どもたちにとって、楽しく感動的で、かつ論理的思考を訓練する格好の場であることを確認することができた。

2)本事業においては、実験に使用する装置・器具の大半は、高齢者グループ等の手作りによるものであり、心のこもった実験器具で児童・生徒に実験を楽しんでもらうことができた。

3)本事業に関して、地域の新聞が取材し、これまで4回記事が掲載された。

4)本事業においては、福井県内のいろいろな関係機関から委員を派遣して頂き、全体会議を構成して、事業の計画・評価を行っており、開かれた事業運営を実施している。

5)反省点:通常の児童・生徒と異なり、知的障がい児童・生徒、および不登校児童・生徒は、いわば“弱者”の立場にあるため、こちらからの情報伝達が容易でないことや、体験活動の様子を映像に収める場合などで問題があり、いかに対処すべきか、今後検討が必要である。

  • 紙パイプでコロの実験
  • 微小ビーズを用いた摩擦のない装置で実験
  • シャボン玉の色を見る実験
現在位置は
このページのトップへ戻る