メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『NPO法人 やんちゃまファミリーwith』様大阪府 / 助成金額:342,000円

目録贈呈の様子

活動名

地域全体で~子どもの孤食・貧困問題を救う居場所つくり

概要

子どもにまつわる問題の一つに「孤食・貧困問題」があげられます。まずは居場所づくりを当法人だけではなく、行政や福祉関係団体、ボランティア、地域の方々と一緒に、子どもを取り巻く環境として真剣に考え、関わり方や背景を受け止め、今までの経験を活かし、子どもに寄り添える場の環境を作っていきます。松原市、初の事業のモデルとして今後継続できるよう、それぞれの役割制をしっかり確立し市内各地域に展開していきます。

中間報告
2017年1月26日団らん

中間報告

201709/21

NPO法人やんちゃまファミリーwith 中間報告(2017年2月15日 現在)

[活動に至る背景]
地域や子育て・親支援の活動をしている中、「子どもの孤食」について耳にし、メディアのニュースや研修等で、子どもの貧困が過去最悪の6人に1人との現状に、家庭で食事が取れない子どもたちがいることを知る。その背景には生活困窮や学校での孤立、虐待も見え隠れすると聞く。また長期の夏休みなどで、唯一の食事であった給食を食べることが出来ず、痩せて新学期を迎える子どもも少なくない。朝食だけでなく、夕食は食べない、一人で過ごす、など当市でも少なくないとの現状を受け、何かできることはないかと、築いてきた市内のネットワークを用い「こども食堂」として子どもの居場所をつくりたいと思った。

[活動状況]

「こども食堂」の活動をはじめ1年がたち、当法人の拠点でもある「こみゅにてぃーひろばNIKOニコ」の施設で、現在は月2回木曜日学校の長期休みは毎週1回18時から20時の開催。子どもたちへの案内は行政を通じケースワーカーさん、地域の小学校の校長先生が直接声をかけてもらっているのと、学習支援の先生が連れて来てくれている。買い出し、調理や会場の準備、子どもたちの送迎は社協をはじめ、地域のボランティアさんと協力しておこない、食材は企業の方や、地域の方、ふーどばんくOSAKAさんからの提供していただいている。毎回、終了時の振り返りや月1回定例会議を行い、情報の共有や課題などの解決を行ってる。

[成果(アピールポイント含)と反省点]

多くの個人や団体に支えられ、この1年間「こども食堂」を継続してきた中、昨年10月、当法人主催で、松原市においても初めて取り組んだシンポジウム。松原商工会議所、松原ライオンズクラブが後援、松原市社会福祉協議会、NPO法人ふーどばんくOSAKA、(医)ほづみ小児科クリニックなどに協力をいただき、「子どもの孤食と子どもをとりまく問題について私たちにできること!」というテーマに開催した。同時にフードドライブを開催し、大きな反響があった。約220名の参加者。サポートする側のつながり合う大切さや、それぞれの地域においての課題の共有など、学ぶ事は沢山あった。各地域での取り組みを学び「今」できる自分らしいサポートを行う。それぞれの強みが、市内のネットワークの強化につながり、新たな支援体制ができたことで、今年1月念願の2店舗目がオープンした。高齢者から子どもまで多世代交流の場としての居場所。「ちいき食堂」と名打った。2017年度には、あと3店舗の計画をしており、この先、3年以内をめどに松原市内の小・中学校と地域との連携で、こどもが歩いて行ける場所に「居場所」を展開していく。また、なかなか知られていない子どもに関する問題の現状を把握し、寄り添ったサポートができる様、地域に根差した取り組みをおこなっていく。

  • 2017年1月26日団らん
  • 2016年みんなでゲーム
  • 2016年クリスマス会
現在位置は
このページのトップへ戻る