メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『NPO法人 鹿児島県自閉症協会』様鹿児島県 / 助成金額:1,000,000円

目録贈呈の様子

活動名

保育付き講演会活動と無料障がい児スポーツ事業

概要

平成29年4月2日の自閉症啓発デーに、鹿児島県自閉症協会として初めて無料講演会を実施します。子連れ大丈夫講演会にすることにより、今まで行けなかった保護者たちの参加を募ります。また、保育付き有料講演会を3回実施します。
さらに、外出の機会が少ない障がい児たちを対象とした無料スポーツ教室(水泳教室2回、障がい児登山教室2回、スポーツクライミング教室2回)を実施します。

中間報告
12月29日金峰山登山教室

中間報告

201709/21

NPO法人 鹿児島県自閉症協会 中間報告(2016年12月30日 現在)

[活動に至る背景]

自閉症啓発デーに保育付き無料講演会を行うことは、鹿児島県自閉症協会にとって夢でした。

講師謝金、ボランティア スタッフ交通費、会場使用料等を考えても聴講料を無料にできず、スタッフを集めることもできませんでした。

障がい児特有の興味の幅の狭さや、受け入れ先やスタッフ確保の困難により、障がい児スポーツ教室は実施が難しいとされ、外出の機会の少ない障がい児は閉じこもりがちになっていました。

山岳指導員の確保もボランティアでは難しく、必要な道具も揃えられないため山岳教室は出来ないと言われていました。

[活動状況]

11月18日:不登校の子どもたちにクライミング教室を行いました。参加した子どもの中には、自閉症診断告知された子もいましたが、されていない子どもも居ました。参加人数30名。

12月29日:鹿児島県南さつま市金峰山にて登山教室を行いました。参加人数22名。

2月5日、3月12日水泳教室、 2月19日、3月26日登山教室を実施予定です。

4月以降は啓発デー講演会、保育付き講演会など講演会を4回行います。

[成果(アピールポイント含)と反省点]

クライミング教室を2回行う予定でしたが、鹿児島県で唯一クライミングができる鴨池陸上競技場が国体準備のための工事が増え、休日に借りられず、クライミング教室としては1回のみでした。代わりに3月の登山教室の中でロッククライミングとツリークライミングを行う予定です。

1回のみの実施とはなりましたが、鹿児島県自閉症協会としても、山岳協会にとっても、フリースクールの子どもたちを対象としたクライミング教室では、初めての事でした。遠くからクライミングをしに市営バスに乗って参加しに来てくれました。障がい告知されていない子ども一緒でしたので、言葉や横断幕の文言には気を遣いました。また、自閉症協会主催と知っているのは一部の保護者のみでした。

12月登山教室も、遠い所からはるばる参加しに来てくれました。子どもはじっとしていられず、写真のように整列写真も難しい状態でした。しかし山では山岳指導員の指導のもと、しっかり整列して登ることができました。山道がいくつも分かれ、イノシシの生息した痕跡も見られ、指導員の指導を聞いていないと危険であることが理解できたようでした。保護者アンケートも「滅多にできない経験でした」との声を頂きました。

6回のスポーツ事業の参加人数はボランティア含め延べ300名以上、4回の講演会事業は1500名程になり、合計1800名が、平成28年11月から翌年8月末まで参加されると見込んでいます。

  • 12月29日金峰山登山教室
現在位置は
このページのトップへ戻る