メニューボタン

ドコモ奨学金

社会的養護出身者とアジア諸国からの留学生に対する経済的支援事業

Activity Report

卒業報告

202004/24

2019年度ドコモ奨学金(社会的養護出身者): 2期生 卒業報告

MN.Wさん
将来の夢:調理師

まず初めに、1年間奨学金による支援をいただき、本当に有難うございました。
たくさんの方々に支えられながら無事に卒業し、夢だった調理師になることができ、本当に有難うございました。

振り返ってみますと、2019年4月に入学し、5月にはもう就職活動が始まり、7月末からの夏休み期間約1ヶ月は研修に参加し、9月夏休み明けにすぐ入社試験を受け、無事内定をいただきましたが、前半はやらなければいけないことがたくさんあり、今思い返すととても忙しい日々でした。
内定をいただいた後は学校の実技試験や筆記試験の他、資格取得のためにも勉強し、在学中に「食育インストラクター」と「専門技術士」の筆記試験に合格することができましたが、この1年は、本当に濃く充実した日々でした。
また、ドコモ事務局の皆様やアフターケア相談所ゆずりはの皆様、昨年3月までお世話になっていた児童養護施設の先生、学校の先生、友達、アルバイト先でお世話になった方々等、人にすごく恵まれていることを感じられた1年でもありました。
本当に感謝しかありません。たくさん支えてくださり本当に有難うございます。
そして、今後とも見守っていただけたら嬉しいです。

4月からは内定をいただいた会社で精一杯頑張っていきます。
新型コロナウイルスの影響で入社式や新入社員研修の延期等あり、職場の先輩方も困惑している様子ではありますが、そんな中だからこそ丁寧な仕事ができるよう頑張っていきます。
そして、この先も地道に少しずつ夢に向かって前進していけたらと思っております。
今回、ドコモの奨学金をいただけたことでできた縁を今後とも大切にしていきますので、これからも温かな応援をよろしくお願いします。

現在位置は
このページのトップへ戻る